モーニングコート 着こなしについて

モーニングコートは、格式の高い式典や葬儀、告別式などにおいても着用されます。
結婚式で新郎新婦が正礼装の時は、父親はモーニングコートを着用する場合が一般的です。特徴としては、大きくカットされた前裾にジャケットの丈が長くとられています。
モーニングコートはVゾーンがポイントです。タイは白黒の縦縞かシルバー系の結び下げ、またはアスコットを用います。アスコットタイを選ぶ場合は、ウイングカラーのシャツをオススメします。
また、モーニングコートの着こなしに欠かせないのがベストです。ベスト次第で、スタイリングの表情を大きく変えることができます。慶事の際には、アイボリーやグレーのベストを合わせたり、モーニングコートと共地のベストに白衿を付けて着用します。
そして、弔事の際には、モーニングコートと共生地のベストで、白衿を外して着用します。

★アスコットタイとは★

★白衿とは★

結婚式・披露宴のモーニングコート
昼間に開かれる格調の高い結婚式や披露宴で、新郎がモーニングコートの着こなしについて紹介します。
モーニングコートの色は、黒・グレーどちらでもよく、ご自分のウェディングスタイルに合わせて着分けます。
 黒のモーニングコートを着用する場合には、グレーベストに縞柄のアスコットタイか、シルバーグレーのネクタイを合わせることをお薦めします。
また、新郎のフレッシュさを演出できる、ジャケット・ベスト・スラックスをグレーで統一したスタイリングもお薦めです。

結婚式の列席者は、黒いウェアを着用する方が多いため、主役である新郎も同じ色だと、埋もれてしまうこともあります。グレーのモーニングコートならば、新郎が際立ち、スタイリッシュな雰囲気に仕上がります。

 公式の葬儀や一周忌までの法要等で、喪主・親族・近親者等の主な立場の方が着用するモーニングコート
黒のモーニングコートに、黒のベスト(この時、白襟はつけません)、コールパンツは黒の分量が多い地味なものを合わせましょう。ポケットチーフはモーニングコートの基本アイテムですが、弔事の場合は不要です。どうしても、差したい場合は、黒無地のチーフをスクエア(TVホールド)の折り方で差します。
 ★スクエア(TVホールド)の折り方を見てみる★

カフリンクスに関しても、チーフ同様に着用する必要はありません。付ける場合は、
シルバー台座のタイプで、白か黒の真珠もしくは、黒蝶貝のタイプを選びましょう。
ネックウェアはもちろん、黒いネクタイを着用します。

慶事の着こなしと大きく違う点は、アクセサリー類を黒で統一することです。見えない部分ですが、サスペンダーや靴下も黒の無地で揃えます。

また、モーニングコートやテールコートの「コート」とは、本来上着を意味します。普段、私たちが使う「コート」は、コートの上に着るコートで、オーバーコートの略です。

★モーニングコートを通販で安く見てみる★