アフタヌーンドレス

アフタヌーンドレスは昼間の集会、式典、食事会などで着用される女性の正装です。結婚式では新郎新婦の母親や親族が着ることもあります。また、アフタヌーン(午後)のドレスといっても、現在では午前中の行事から着られています。

アフタヌーンドレスの袖は七分袖よりも長く、肌の露出は極力抑えたもので、アクセサリーも光るものは避けることがマナーです。

また、アフタヌーンドレスは、ワンピース型の衣服で、スカート丈はくるぶしまでの総丈か、それ以上の長さで、裾が長いほど格式が高いとされています。
裾が長すぎると歩行が難しくなるため、地面すれすれの長さにデザインされたものもあります。

★アフタヌーンドレスを通販で安く見てみる★