セミアフタヌーンドレス

セミアフタヌーンドレスとは、アフタヌーンドレスが正礼装なのに対して(準礼服)の服装で、正礼装ほどあらたまずに、適度に流行や好みを取り入れた女性のフォーマルウェアです。一般的な結婚式・披露宴、祝賀会の主要な立場・列席者の場合に着用します。

しかし、ドレスコードから解釈すれば、セミアフタヌーンドレス(準礼服)というものは存在してません。セミアフタヌーンドレスとは、日本特有の言い回しなので、世界で通用するドレスコードではありません。

現在、日本でセミアフタヌーンドレスと呼ばれているものは、昼間の結婚式などに招かれた時に失礼にならない、恥ずかしくないフォーマルドレス(カジュアルでないドレス)とう意味合いで、自分の好みを反映させることができ応用範囲の広いフォーマルウェアとして使われていることが多くなっています。また、セミアフタヌーンドレスは肌の露出度についても定義がなく、半袖やノースリーブのものでもセミアフタヌーンドレスと呼ばれることが多いようです。
最近では、結婚式に招かれた際に着用するアフタヌーンドレスは、このセミアフタヌーンドレスであることがほとんどだと思います。
ネット通販等でもアフタヌーンドレスを検索すると、セミアフタヌーンドレスが数多く出てきます。

セミアフタヌーンドレスの場合の注意点は、服装にしても小物にしても、派手になり過ぎないものを選ぶことが大切になってきます。そもそものアフタヌーンドレスのラインを崩さないことも大切です。また、選ぶ服装の幅が広いセミアフタヌーンドレスだからこそ、周囲との協調を考えることも必要になってきますので、一緒に招かれた友人達と、ある程度打ち合わせをした上でドレスを選ぶと良いと思います。

★セミアフタヌーンドレスを通販で安く見てみる★