フォーマル パンツスーツについて

フォーマルでパンツスーツも着用出来ますが、フォーマルにおけるパンツスーツの位置付けは高くありません。一般的にはスカートやワンピースの方が 格が高い装いになります。
スーツは略礼装の扱いで、その中でもパンツスーツはフォーマルとしては一段低めに見られてしまいます。正式にいうと、パンツスーツを着用できるのは、「準礼装」と「略礼装」の場面になります。
格式が最も高い「正装(正礼装)」の場合は、パンツスーツはNGです。
パンツスーツは、もともとメンズを基本としているデザインのため、シャープな印象を与えてしまいがちです。また、素材やデザインによっては、カジュアルな感じがしたり、仕事着と分類されてしまう為です。

しかし、最近の傾向でみれば、知人であればパンツスーツでも構わないと思います。パンツスーツは、白い服装や、全身真っ黒な装い、サンダルやブーツ、ファーほどNGとはされていないようです。しかし、リクルート系の地味な感じではなく華やかな感じの物で、インナーにフリルがあしらわれたブラウスや、レース使いのキャミソールを合わせたり、コサージュで華やかさをアップする等の工夫は必要です。また、パンツスーツをフォーマルで着用する場合は、エレガントな着こなしを心掛け、メイクや髪型を華やかにするのもポイントになります。この様に最近の傾向でみれば、パンツスーツでも問題なしとまでは言い切れませんが、NGとも言い切れないと思います。
しかし、親戚として出席になる場合は、お迎えする立場となりますので、パンツスーツよりはフォーマル度を上げた方が良いと思います。
 また、参加する周りの人達の常識にも合わせる必要がありますので、例えば年配者が多く参加される場合等は、パンツスーツは控えた方が良いと思います。
 

フォーマルスーツの購入を考えている方には、お店のフォーマルコーナーに行くと、ジャケット、パンツ、スカート、ブラウスの4点セットが売っていて、着まわしができる様になっているものがあります。さらに、スーツっぽく見えるワンピースや、慶弔どちらでも着られるデザインのものも増えています。