入園式・入学式ママの持ち物・ママファッション

・フォーマルバッグ
メインのバッグは必ずフォーマルバッグを用意してください。無地で、牛革または羊革製のハンドバッグ、フタがかぶせのタイプのものがベストです。
しまってあるフォーマルバッグは、一度出して確認をします。
卒園式・入学式は持ち物も多そうなので、大きめのバッグを持っていくというのは、
ファッションからすると考えものです。ただし、小さなサイズのバッグが正式ではありますが、どうしても荷物が多い場合はA4サイズが入る30cmくらいまでのバッグなら大丈夫です。フォーマルシーンで使えるサブバッグが売られていますので、揃えておくとスマートです。
・サブバッグ、またはコンパクトにたためるエコバッグ
入園式・入学式で書類や資料などをもらうこともあり、「フォーマル用のバッグには入らずかさばって大変だった」という声をよく聞きます。コンパクトにたたんでおけるエコバッグがあれば帰りもスマートです。
※持ち物が多いからといって紙袋を持っていては台無しです。また、持ち手がチェーンのバッグや、ブランドのロゴが目立つものは華美になりすぎてしまうので避けたほうがよいです。
・ネックレスやコサージュ(ブローチ)などアクセサリー
女性の身だしなみとして、アクセサリーは大切です。卒園式・入学式はフォーマルなシーンなので、真珠のネックレスが最適です。
あらかじめ、スーツとあわせて試着して 合うかどうかもチェックしておきます。真珠ネックレスは、金具や糸のダメージなどを確認しておきます。コサージュやブローチは、あらかじめピンで付けておくと、当日あわてません。
※真珠は冠婚葬祭のすべてで使えますので、ママ世代ならひとつ持っておくことをおすすめします。

・靴
靴は、お手入れをチェックして下さい。ヒールが5cmくらいのパンプスで、スーツに合わせて黒、ベージュ、グレーなどのものが良いです。リボンやお花などのワンポイントが入っていても問題ありません。

・靴を入れる袋
入園式や入学式では、パパ・ママの脱いだ靴は、お子様の下駄箱にご一緒に入れられる場合もありますが、各自お持ち下さいなんて事もあります。そんな場合に備えて、脱いだ靴を入れられる袋をお持ちになると重宝します。また、靴を入れる袋はビニール製のものだと、式典中の静寂の中でビニールのカサカサ音はかなり気になりますので、エコバッグのような布袋を準備することをおすすめします。

・携帯用スリッパ
学校や幼稚園でスリッパを用意して下さる場合もありますが、来賓のみという所も多いです。やはり、保護者は、携帯用スリッパ持参がスマートです。スリッパは、フォーマルや お受験に使われる事が多い、ヒールのあるスリッパが足がキレイに見えるのでおすすめします。保護者用は以外と忘れがちになります。体育館やホールなどは足元が冷えるため、底が厚めのものだと冷え対策になります。携帯用スリッパも種類豊富になっているので園・学校用としてこの機会にチェックすると良いと思います。
・ストッキング
卒業式のスーツにあわせるのは、ベージュのストキング・パンストが基本です。黒いスーツに黒ストッキングだと喪服のような印象になってしまいます。 また、寒くてもスカートやワンピースの場合、タイツは避けた方が良いです。

・筆記用具
書類への記載や保護者用の説明会などでメモを取る場合も多いので、筆記用具は必ず用意して下さい。念のため記名用の油性ペンも持って行くと、万一、子どもの持ち物の記名漏れなどがあったときに重宝します。

・カメラ、ビデオカメラ
我が子のハレの日を残すために必須です。卒園卒業式の前は、ママも準備が色々と大変ですから、前日の充電チェックと、記録メディア入れ忘れに注意して下さい。

・ストールやカイロ
体育館やホールは以外と冷えるので、式の間中座りっぱなしだとかなりつらいものです。ストールやカイロなどがあると寒さ対策になるのでオススメです。

・手鏡
式の後に保護者も参加の集合写真を撮る場合が多いので、さっと身だしなみをチェックできる小さめの手鏡があると便利です。

・他、ハンカチ、ティッシュ、ミニタオルなど

・最後に
卒園式・入学式のママファッションは、TPOにあわせ、人に好印象を与える装いを心がければ間違いはありません。あとは素敵なママの笑顔で、お子さんの門出を御祝いしてあげてください。